【僕のヒーローアカデミア】ヒーロービルボードチャート下半期発表!最新のヒーローランキングを全て解説します!

どうも!レビューザです!
つい先日公開された僕のヒーローアカデミア第184話にて、最新の「ヒーロービルボードチャート」が公開されました!

オールマイトが「No1ヒーロー」と呼ばれていたことからもわかる通り、僕のヒーローアカデミアの世界では、国内で活躍するヒーローの順位付けしています。
そう…ヒーロービルボードチャートとは、その時期もっとも活躍したヒーローたちをランキング形式で表したものなのです!

オールマイト引退以降初めての発表ということで、作中でも大々的に執り行われたビルボードチャートの発表式。
果たしてどんなヒーローがTOP10入りしたのでしょうか!?今回は、原作のなかで明らかになっている「ヒーローランキング」をご紹介したいと思います!
もちろん、TOP10入りしていないヒーローまで出来る限りご紹介していきますよ!

ビルボードチャート1位:”フレイムヒーロー”エンデヴァー

引用:僕のヒーローアカデミア,167話,堀越耕平,集英社

まずは順当な結果!
オールマイト時代には永遠の2位とまで言われていたエンデヴァーがNo1ヒーローに繰り上がりです!

今まではダークヒーロー的な印象のあるキャラクターでしたが、No1ヒーローになったことで少しはキリっとしたようです。
キレイなジャイアンならぬ、キレイなエンデヴァー…今後の活躍に期待していきたいところですね。

ビルボードチャート2位:”ウイングヒーロー”ホークス

引用:僕のヒーローアカデミア,185話,堀越耕平,集英社

なんと新しいNo2ヒーローには新キャラがランクイン!
その名も”ウイングヒーロー”ホークス!!

18歳でヒーロー事務所を立ち上げ、デビュー年の下半期にはTOP10入りを達成していたというエリートヒーローです。
そしてとうとう、現在22歳にして日本のNo2ヒーローに上り詰めるという圧倒的な実力者ッ…!

大丈夫?この勢いだとエンデヴァー軽く抜かれない?
そんな読者の心配の声が全国各地から聞こえてくるようです。

ビルボードチャート3位:”ファイバーヒーロー”ベストジーニスト

引用:僕のヒーローアカデミア,6巻,堀越耕平,集英社

前回4位のベストジーニストが、これまた順当にランクアップ!
オールマイト引退後のビルボードチャートでNo3の座を勝ち取りました!

もともと人気のあったヒーローですが、神野区での活躍が大きく評価された結果のようですね。
オール・フォー・ワンに負けてしまったとはいえ、一人で数十体の脳無を制圧してしまった実力はNo3の名にふさわしいといえるでしょう。

オール・フォー・ワンにボコされた傷が癒えておらず、現在はヒーロー活動中止中のベストジーニスト。
さらなるパワーアップを果たして復帰してほしいものです!果たして復帰後はかっちゃんの髪を寝かしつけることができるのか!?

ビルボードチャート4位:”忍者ヒーロー”エッジショット

引用:僕のヒーローアカデミア,10巻,堀越耕平,集英社

こちらも前回5位から順当なランクアップ!
神野区での戦いでも大活躍でした、エッジショットがNo4ヒーローへと昇格です!

エッジショットは「体を薄くすることができる」という、一見ダイエットにしか役立たなさそうな激地味個性の持ち主。
しかし個性を限界まで使いこなすことにより、音速を超えるスピードで体を薄くし、人体をも軽く貫通してしまうという脅威的な戦闘力を有しています!実際、ほぼスパスパの実の能力者。

ビルボードチャート5位:”ラビットヒーロー”ミルコ

引用:僕のヒーローアカデミア,184話,堀越耕平,集英社

No5にランクインしたのはまたしても新キャラ!
“ラビットヒーロー”ミルコさんです!女性ヒーローとしてはトップのランクインですね。

なんかドSっぽい性格ということ以外、今のところミルコさんに関する情報はありません…
っていうか私、なぜか無意識にミルコ”さん”って敬称つけて呼んじゃってますね。ビビりすぎかよ。

ラビットヒーローっていうくらいですから、梅雨ちゃんみたいに動物の能力をそのまま使える系の個性なのでしょうか。
でもウサギってそんな強いかなぁ…?足がメチャクチャ速いとか、キック力がえげつないとか、性欲がヤバいとか…そういった個性なのかもしれませんね。

ビルボードチャート6位:”シールドヒーロー”クラスト

引用:僕のヒーローアカデミア,184話,堀越耕平,集英社

切島あたりと若干かぶってる新ヒーローがNo6に着任!
何やら熱い男”シールドヒーロー”クラストが初登場です!

こちらも個性は不明ですが、シールドヒーローっていうくらいですから防御系の個性なのでしょうね。
死穢八斎會にいた天蓋が「バリア」の個性使ってましたが、アレとは違うのか…似たようなものなのか…
クラストに関して詳しく知るには、もうしばらく今後の展開を待つ必要がありそうです。

ビルボードチャート7位:”若手実力派ヒーロー”シンリンカムイ

引用:僕のヒーローアカデミア,10巻,堀越耕平,集英社

今回のビルボードチャート発表で一番ビビったのがコレです。
なんと、第1話から登場していたお馴染みのヒーロー・シンリンカムイがTOP10入りしてしまいました!
実はシンリンカムイって、初登場のタイミングがオールマイトよりも早かったくらい古参なんですよね。

樹木を自由に操るという個性は、単純ですが確かに強力!
神野区での戦いでも大きな働きを見せ、脳無が相手でも決して怯まなかった実力は本物です!
制圧力に長けているあたりは、ベストジーニストの上位?下位?互換といった感じでもありますね。

…あれ?待てよ?
ってことは第1話でシンリンカムイが手も足も出なかったヘドロのヴィランって作中トップレベルの強敵だったんじゃ…?生きててよかったね、かっちゃん。

ビルボードチャート8位:”洗濯ヒーロー”ウォッシュ

引用:僕のヒーローアカデミア,184話,堀越耕平,集英社

洗濯機。

ビルボードチャート9位:”具足ヒーロー”ヨロイムシャ

引用:僕のヒーローアカデミア,184話,堀越耕平,集英社

9位にランクインしたのは”具足ヒーロー”ヨロイムシャ
パソコンで変換しようとすると”愚息ヒーロー“って打ち間違えちゃう可能性があるから注意しような!チンコ的なニュアンスが加わっちゃうからな!

ヨロイムシャに関しても詳しい情報はありませんが、どうも熟練のヒーローであることは間違いなさそうです。

ヒーロー歴50年とか60年とか、長きに渡ってTOP10の座を守り続けてきた方なのかもしれませんね。もしかすると、オールマイトの先代・志村菜奈やグラントリノとも面識があるかも?

ビルボードチャート10位:”ドラグーンヒーロー”リューキュウ

引用:僕のヒーローアカデミア,131話,堀越耕平,集英社

死穢八斎會編で活躍したリューキュウもTOP10入りィ!
ドラゴンに変身することができるという最強クラスの動物系個性持ちヒーローですね。
前回からワンランクダウンということですが、まぁ誤差の範囲内といったところでしょうか。

全体でみると10位ですが、女性ヒーローに限るとNo2の実力者ということになりますね。
けっこう女性ヒーローの多いマンガですが、さすがにTOP10圏内に入れるのは男性ヒーローが多い傾向があるようです。

あッ…っていうかリューキュウがNo10ってことは、前回No10のギャングオルカはランクダウンしちゃったんですね…。
ギャングオルカ、けっこう好きなヒーローだっただけに残念です。

ビルボードチャート23位:Mt.レディ

引用:僕のヒーローアカデミア,10巻,堀越耕平,集英社

こちらもお馴染みのヒーロー!Mt.レディがまさかまさかの23位!
Mr.レディは確かデクが雄英高校に入学する少し前にヒーローデビューしていたので…デビューから2年足らずで23位まで上りつめたということになるでしょうか。地味にスゲェなオイ。

「巨大化」という単純かつこれ以上ないほどパワフルな個性を持つ彼女。
仮にですよ?仮にですけどMt.レディがオールマイト並に鍛えたとしたら、巨大化のパワーが上乗せされて最強になるような気がしませんか?それこそ、オール・フォー・ワンとステゴロで殺りあえるくらいに。

そんな強力な個性を秘めたMt.レディですが、なにやら現在シンリンカムイとの熱愛が報道されているとのこと。
ちょうどアニメでもMt.レディとシンリンカムイが一緒に車に乗ってるところが流れ、視聴者に「あれ?そんな仲いいのお前ら?」と思わせたところでした。

ビルボードチャート411位:ワイルドワイルドプッシーキャッツ

引用:僕のヒーローアカデミア,9巻,堀越耕平,集英社

お馴染みの4人組ヒーローチーム・ワイルドワイルドプッシーキャッツが411位にランクイン。
林間合宿での事件以前はNo32ヒーローだったことを考えると、大幅なランクダウンです。

ただし本人たちは「大幅にランクダウンした」というより、「活動自粛中にも関わらず411位にランクインした」ということに価値を見出しているようです。
オール・フォー・ワンに個性を奪われてしまったラグドールは事務作業にまわり、残りの3人はヒーロー活動に戻っていくとのことです。

余談ですが、ワイルドワイルドプッシーキャッツ随一の武闘派・虎は「女性」だって知ってました?
いやマジなんですよコレ…公式設定で、「タイで性転換した」ってことになってます。要る?その設定。

この記事は随時更新していきます!

という感じで、現在明らかになっているヒーロービルボードチャートは以上の通りでした!
ただし前回TOP10入りしていたはずのギャングオルカの順位が不明だったりするので、今後も少しづつ情報が開示されていくと思われます。

新しく順位が明らかになる度、この記事も更新していきますのでお楽しみに!