【番外編9】終極エンゲージ感想!みんな大好きガルマイア星人の回

引用:終極エンゲージ第38話,集英社,江藤俊司/三輪ヨシユキ

世界最速で終極エンゲージの感想を述べるのはこの男~~~!!
漫画レビューのニューウェーブ

レ ビ ュ ー ザ

というわけでこんばんわ。レビューザです。
今週もやってまいりました、終極エンゲージの良さみを世界に発信していこうのコーナー

今週の終極エンゲージは番外編ということで、ページが少なめだったのが残念…
まぁ終極エンゲージの番外編ってガルマイア星人についてのエピソードが多いんで私は好きなんですけどね。
できればガルマイア星人のエピソードだけで単行本5冊出してほしいくらい。

さてさて、前置きはこれくらいにして感想に移りたいと思いますよ。
いつもは簡単なあらすじからご説明してるんですが、今回はページ数少なかったので割愛しますね。
「え~!?あらすじ無いと感想の意味わかんないじゃん!」と思ったアナタは、ジャンプ+で読んでこいだぜ!

終極エンゲージ番外編9の感想

引用:終極エンゲージ第38話,集英社,江藤俊司/三輪ヨシユキ

今週の終極エンゲージはガルマイア回でしたね。
ディスタ・バーヴ・女王・トリウィアと、主要ガルマイア勢ぞろいの良回でした。

それにしてもディスタはどんどんいいキャラになっていくなぁ…
初登場時は狂暴そうな感じだったのに、今や近所の気のいいお姉さんみたいになってるもんなぁ…
長期休暇に入ってドヤ顔してるところなんか、かなり親近感がわきました。こんなお姉ちゃんが欲しい。

っていうか、ポポロの修行つけるために長期休暇とってたんかこの人。
メチャクチャ本気じゃん。弟子育て上げる気まんまんじゃん。

さすがに2回戦でカルキに勝つのは無理かと思ってましたが、本気のディスタに鍛えられた今のポポロなら勝機があるのかもしれません。
まさかの大どんでん返しもあるのか…!?カルキ2回戦敗退からのポポロ優勝というルートが…!?

そんでメチャクチャスパルタなのかと思いきや、「昼、肉でいい?」というセリフから伝わる優しさ。
「メシ食うヒマがあったら鍛えろコラァ!」って感じのを想像してたんですが、食事・睡眠・休息は普通に取らせてもらえる感じなんですね。
いや、優しさというより、根性論なんて前時代的な考えにとらわれない現実的なトレーニング方法こそがガルマイア星人の鍛え方なのかもしれません。

それはそうと、ディスタって何歳でしたっけ?
いえ、若いとは思うんですけど…なんと言うか後姿がオバさ…(以下略)

終極エンゲージ番外編9の考察

引用:終極エンゲージ第38話,集英社,江藤俊司/三輪ヨシユキ

番外編なので考察すべきポイントも少なかったんですが、気になったのはトリウィアの腕についての情報ですね。
「そういえばトリウィア様…結局腕を治さないことにしたらしいわね」というセリフがありました。

ゲオルギウスの娘たちに斬られてしまったトリウィアの腕…
何かしらの技術を用いて治すんだろうと予想してたんですが、トリウィアは片腕のままで闘うことにしたとのこと。

この選択が今後の戦況にどんな影響をもたらすのか見物ですね。
いくら片腕とはいえトリウィアが1回戦でいきなり負けることは無いと思うので、問題が出るとすればVSファリア戦あたりでしょうか。
ファリアに勝ったとしても、カルキ・ポポロ・ミッヒのいずれかとぶつかりますから、片腕が仇になってピンチに陥る可能性はありますね。

っていうか、千切れた腕を治す技術って全宇宙共通のものなんでしょうか?
それともガルマイア星人特有の技術とか性質を利用したもの…?
ガルマイア星人って爬虫類っぽいですし、地球人なんかと比べると再生力は高そうですよね。

あとひとつ注目したいのは女王の妃技について。
ディアナ王妃がトリウィアに妃技を授けるとのことですが、これがどんな技なのかも気になりますね。
カルキも同じ妃技を使えるはずなので、準決勝あたりで同じ妃技同士の激突なんかがあるのかもしれません!

終極エンゲージ番外編はこちら→ジャンプ+(公式で無料ですが公開期間限定です。)
現在の終極エンゲージ最新刊はこちら→終極エンゲージ3巻