【第1話】ダーリン・イン・ザ・フランキス感想!矢吹先生にはこの路線でもっと頑張ってほしい

引用:ダーリン・イン・ザ・フランキス,第1話,集英社,Code:000,矢吹健太朗

メッチャ面白そうなの始まりましたね。

どうも!レビューザです。
今週からジャンプ+で始まったダーリン・イン・ザ・フランキス!通称ダリフラ!
なんというかジャンプ+では終極エンゲージ以来の「ぜってぇ面白いやつ」のニオイがプンプンしております。

ダーリン・イン・ザ・フランキスはTRIGGERとA-1 Picturesの共同制作オリジナルアニメとして発表され、2018年1月からTOKYO MX他でアニメ放送中の作品です。
今回ジャンプ+で始まったのはアニメと同時進行のコミカライズ版ということで、いわゆるクロスメディアってやつですね。

個人的にはロボット系の作品はあんまり観ないほうなんですが、ダリフラには全力で期待してますよ。えぇ。

だって矢吹神が作画だから。

僕の矢吹先生へのあふれ出んばかりの畏敬の念は置いておいて、詳しい感想や考察は以下でやってきたいと思います。どぞ。

ダーリン・イン・ザ・フランキス第1話のあらすじ

引用:ダーリン・イン・ザ・フランキス,第1話,集英社,Code:000,矢吹健太朗

並外れたエネルギー効率を持つ「マグマ燃料」の発見により飛躍的な進歩を遂げた人間社会だったが、それと引き換えに地表は環境破壊と地殻変動を繰り返して荒廃していった。
人類は緑が失われた大地に「巨大移動要塞都市」を築き、その内部でのみ最先端の文明を謳歌している。

ところがあるときから世界には「叫竜」と呼ばれる怪物が現れるようになり、人間の住む街を次々に破壊し始める。
天才科学者集団「APE」は、叫竜の侵攻を防ぐべく人型ロボット兵器「FRANXX(フランクス)」を開発したのだった。

FRANXXに乗り込むのは、叫竜と戦うためだけに生み出された名前の無いコドモたち。
戦いの日々のなかで、第13要塞都市に住むコドモのひとり「016(ヒロ)」は、角の生えた謎の美少女「02(ゼロツー)」と出会うのだった。

ダーリン・イン・ザ・フランキス第1話の感想

引用:ダーリン・イン・ザ・フランキス,第1話,集英社,Code:000,矢吹健太朗

ダーリン・イン・ザ・フランキスは、文明の進んだ世界に現れた謎の怪獣と巨大ロボが戦うという…設定だけならわりと良くあるタイプの作品です。
「戦うために作られた子供」とか「ある日突然現れた謎の怪獣」とか「人型ロボット」とか…まぁなんというかどっかで見たような感じの設定をギュッとひと固めにした感じですね。
でも、そんなありきたりで奇をてらって無い感じがロボット系マンガの真骨頂って感じなんですよねぇ。

第1話は設定と世界観を説明するのがメインって感じだったので、肝心の叫竜もFRANXXも出てきませんでした。
ちょっと肩透かし感はありましたが、戦いが始まったらもっと面白くなってくれるんだと思います。

と、まじめな感想はこんなところにして…
矢吹先生ですよ矢吹先生!矢吹神が作画担当なんですよ!!

ToLoveる好きな人には悪いですけど、私かなりブラックキャットが好きだったので、矢吹先生にはもっとバトル系の作品を描いてほしいって常々思ってたんですよ。
いや、もちろんToLoveるも素晴らしい作品だとは思うんですけど、ToLoveるで培った画力を熱い少年漫画に活かしたらどれだけ良いマンガになるだろうか…!とヤキモキしてたんですよ!!

今回はコミカライズ作品ということで話まで矢吹先生が考えてるわけじゃないのが残念ですが、読んでみると流石矢吹先生!といった作画レベルでした。
ヒロとゼロツーとの出会いのシーンなんかに若干のToLoveる感はあったものの、別にエロ抜いたってやっぱり恐ろしい画力持ってんじゃないですか!

ブラックキャットや邪馬台幻想記を見てもわかる通り、矢吹先生はもともとバトル系マンガの作家さんですからね。
ダーリン・イン・ザ・フランキスのようなガッチガチの男の子向けマンガを描く力は底知れません。
これからの展開にも注目していきたいと思います!

ダーリン・イン・ザ・フランキス第1話の考察

引用:ダーリン・イン・ザ・フランキス,第1話,集英社,Code:000,矢吹健太朗

さて、私ダーリン・イン・ザ・フランキスのアニメは観てないので先の展開を全く知らないわけなんですが…

ともかく、この作品における重要なポイントは「叫竜」と「FRANXX」でしょうね。
ヱヴァンゲリヲン的な作品って言っちゃうと乱暴かもしれませんが、まぁ大体そんな感じなのでしょう。

作品全体に漂う雰囲気も、ヱヴァンゲリヲンよろしくやや暗い感じですね。
ロボット系の作品ってどうしてこうシリアスな展開になりがちなんでしょうか。

第1話なので考察するところが多過ぎますが…
ざっと挙げるだけでも以下のような疑問がありますね。

・叫竜はどっから来て何が目的なのか
・FRANXXってそもそも何なのか
・コドモたちは造られた存在なのか
・あの世界には基本的に大人しかいないのか
・ゼロツーはなんで角が生えてるのか
・ゼロツーのパートナーが死にまくるのはなぜか
・育成所とはどんなところなのか
・落第になったコドモの運命とは

…挙げ始めるとキリがないですね。
まぁまだ第1話ということで、今日はこんなところにしておきましょう。
この疑問のうちいくつかは3~4話くらいまでに解決しそうな気もしますし。

まぁ、あと気になったのは…

引用:ダーリン・イン・ザ・フランキス,広告,集英社,Code:000,矢吹健太朗

「もちろん、コミックスは無修正!!」という少年マンガにあるまじき宣伝文句。

ちょっと笑いました。
さすが矢吹神。バトルマンガ描いてたって矢吹神。
確かにジャンプ+で読む限り、ゼロツーの入浴シーンが不自然にぼかされてました。
きっとコミックス版にはあのボカシが入っていないということなのでしょう。
健全な男子のみんなはコミックスに期待していて良いと思います。
ダーリン・イン・ザ・フランキスダーリン・イン・ザ・フランキスの単行本はこちら。(2月2日発売)