【第29話】阿波連さんははかれない感想!

阿波連さんははかれない第29話のあらすじ

引用:阿波連さんははかれない第29話,集英社,水あさと

「ホッケモンGO」という限りなくポケモンGOに近いゲームにどハマリした阿波連さん。
「今流行ってるから始めてみた」という阿波連さんに、「流行を若干はかれてなくね?」と疑問を呈すライドウ。

さらに「これから珍しいモンスターを捕まえにいきたい」という阿波連さんに目的地を訪ねると、その場所はまさかの鳥取砂丘。
ライドウはこれまた「放課後に行ける範囲の距離はかれてなくね?」と疑問を呈すのだった。

実はホッケモンGO経験者だったライドウは、せっかくなので阿波連さんと対戦してみることに。
いつも通り大人気なく全力を出すライドウだったが、「はかれていない」阿波連さんに「はかられる」ことに…!?

阿波連さんははかれない第29話の感想

引用:阿波連さんははかれない第29話,集英社,水あさと

今回の話ナニコレ。
落語かってくらい完成度高いんですけど。

話の流れもさることながら、1ページ目の↑のコマにめっちゃ吹き出した。
絶好調だなぁ阿波連さん…スマホのスワイプが下手ってどういうことだよ
なにげに、ライドウの鼻にインした指がそのまま口に直送便されてるのもすごい。

「阿波連さんははかれない」というタイトルのとおり、阿波連さんはいろんなものとの距離感がはかれない。
でも最近は「阿波王」の称号を得るほど万能な一面もあることがわかり、「はかれない」という特徴が薄れてきたような…

なんて思ってたんですが、そんなことは1ミリもありませんでしたね。

今回は、距離感・流行・移動距離・対物距離…いろんなものがはかれていない神回でした。
その上オチが鋭かった…新年早々いいマンガを読みましたありがとう水あさと先生。

阿波連さんははかれない 2 (ジャンプコミックス)

新品価格
¥594から
(2018/1/7 02:08時点)